フルコミ営業マン注目!! これで不動産営業マンが不労所得を得ることがデキる!!

 不動産営業マンの中には将来不労所得を得て、独立起業をしたいと考えている人が多いように感じる。これは不動産業界の特殊性に起因しており、組織的に案件に取り組むというより、個々人の能力や資質に依存して案件に取り組んでいる傾向が圧倒的に強いからである。例えば、売買仲介業務に関して言うのであれば、お客からの売却依頼・購入依頼を取り付けるキャッチの部分に関しては会社の看板があることによって得られているものかもしれないが、お客様との交渉から成約に至るまでの一連のプロセスについては明らかに営業マンたった一人の力で完結してしまっている。他の営業マンと協力し合って案件に取り組むケースもなくはないが、おおむね一人でもこなせてしまうと考えるのがこの業界の一般的な見方である。つまり働いている営業マンは、その不動産会社の看板を借りて営業活動をしているだけという意識が強くなりがちで、資金が貯まれば将来的には独立しようと考えてしまうことも、割とよくある話なのである。

独立資金を貯めるには?

ではその資金を貯めるにはどうすれば良いだろうか?
 まずは1~2年は最悪稼ぐことができなくても飯を食べて行けるぐらいの資金を貯めることである。独立起業を考える営業マンのほとんどがこの考え方をしている。売買仲介業務だけをこなすのであれば、この方法が無難といえる。ただ、買い取り業務などの大きな資金力を必要とするような業態だと、そこに至るようになるまでにはかなりの時間を要してしまうだろう。
 次にスポンサーを得ることができれば、自分自身に資金がなくてもいきなり独立することができ、給料もそこから得ることができる。売買仲介ではなく、買い取りをメインとする営業マンであれば、スポンサーを付けておくというのはいきなり大きなディールに絡めるという意味ではかなり優位に立つことができる。ただこの場合、スポンサーの言いなりにある程度ならなければならないというジレンマがあるため、独立する前からスポンサーとしっかりとした摺り合わせを行っていなければ基本的にオススメすることはできない。スポンサーから実際資金提供を受ける時になって初めて相性の悪さを感じたり、最初に言っていた条件と変わっているなどのトラブルがしばしば発生するからである。

 以上のことからも不動産の営業マンが独立起業し安定的かつ短期間でそれなりの成功を掴むには、なかなか都合の良い方法を見つけるのは難しいということが導かれる。

 > 不動産で独立する前に考えて欲しい3つの事。年齢、スキル、そして○○!
 > 裏で、100倍楽してる不動産営業マン続出!!

「安定収入獲得プログラム」という提案

そこでご提案するのが、プロ同士の人脈づくりをサポートするSNS「不動産人」の中にある新コンテンツ「安定収入獲得プログラム」の活用である。
 これは不動産営業マンを不動産人に招待して登録をしてもらえると、新規に登録をしてくれた営業マンの登録料の50%を毎月収入として得ることができるというものである。つまり登録料が月額1,980円であれば、その半分の990円を毎月得ることができ、5,480円のプレミアムプランであれば2,780円毎月得ることができるということになる。またあなたがよりたくさんの不動産営業マンをこの不動産人に招待すれば、その人数分があなたのものになるのである。
 あなたの不動産人脈を活用することで、将来の独立起業の一助になり、安定的な収入(不労所得)が得られているという安心感の中で業務を進めていくことができるのである。初めから安定した環境下で仕事に取り組めるのとそうではないのとでは、取り組む案件の大きさそのものも変わってくる。大きなディールであれば、リターンも大きいがその分時間もかかる。その間得られる収入が他になければその大きなディールにあなたの労力を注ぎ込むことは困難となってしまう。こうしたシチュエーションを想定するのであれば、やはり不労所得を得ることによってまずは生活を安定させ、それから独立起業を狙いに行くことが賢明であると考えられる。まずは「不動産人」の新コンテンツ「安定収入獲得プログラム」を試してみることをオススメする。

年収3000万 スーパー不動産営業マンの仕入れのコツと極意【営業編】
年収3000万 スーパー不動産営業マンの仕入れのコツと極意【実務編】

不動産お役立ちコラム一覧へ

たった1分で登録完了!

今すぐ登録する
トップへ戻る