不動産業者交流会で築いた人脈は本当の人脈?

 不動産業界で人脈が多い営業マンというとどのような人を思い描くだろう。
 饒舌で、面白く、人付き合いが良くて、ゴルフによく行き、お酒にも強い。
 そして金払いが良く、ガンガン不動産業者交流会に参加する一方で、時にはキャバクラにも足を運ぶ、といったところだろうか。

 たしかにすべて条件を満たしていれば人脈はきっと多いことだろう。
 ではその人脈の中身はどうだろうか。
 仕事ができる人たちで人脈が構成されていなければ何の意味もない。
 「コイツは使える!」「コイツは金になる!」と思える知り合い営業マンは何人いるか数えたことはあるだろうか。自分が独立起業した時に是非とも部下にしたいと思える営業マンの数をまずは数えてみるといいだろう。次に部下にはしたくないが絶対はずせないという営業マンもカウントしてもらいたい。不動産業界であなたが「使える人脈」はその合計人数だと思ってもらって構わない。すると分母の割に思いのほか分子が少ないことに気付かれるだろう。今までいかに無作為に人脈づくりに励んでいたか反省する気になってくる。
 さらにその分子を分解するとあなたの付き合っている相手の傾向が見えてくるはずだ。もしあなたがスピードを重視する取引を行っているのであれば、きっと相手もスピード感のある取引を重視しているはずである。またスピード感を重視するがゆえに細かい部分は無視しているのであれば、相手も細かい部分は気にしないに違いない。逆にその分解した分子の中にスピード感より丁寧で正確な取引を求める相手はいるだろうか。仮にいたとしても、その相手はあなたとどれだけ取引を行ったか、もしくはこれから取引を行える可能性はあるのだろうか。
 不動産業者交流会で「知り合った」「名刺交換をしただけの相手」というのはあなたの人脈ではない。将来、あなたにとって直接的もしくは間接的に何らかの利益に結びつくであろう取引相手のみがこの不動産業界における人脈なのである。

仕入営業必見 不動産交流会より100%効率の良い最強SNS
不動産お役立ちコラム一覧へ

 > 裏で、100倍楽してる不動産営業マン続出!!

たった1分で登録完了!

今すぐ登録する
トップへ戻る