例文!転職したい仲介・仕入営業 100%合格する職務経歴書

 「不動産の仕入れ(もしくは仲介)経験がない、けれど仕入れ(もしくは仲介)営業をやりたい!」と思っているけれど、仕入れ(もしくは仲介)営業の職につくための職務経歴書の書き方がそもそも分からない、という方のために絶対採用される書き方を伝授したい。この記事の後半には、そもそも転職したことがないという方のために参考として職務経歴書・例文を掲載させていただいた。新卒採用の時は職業経験がない前提であることから、職務経歴書なるものは存在しないが、中途採用となると履歴書よりこの職務経歴書の方を採用側は重視して来る。

職務経歴書は「数字」で表現する

 まずは、あなたのこれまでの実績を明確に記載するということを心がけていただきたい。「明確に」と言ったのは、意外とココが抜け落ちている人が多いからであるが、あなたの実績を「数字」つまり「年間売上」を記載するという意味である。数字の記載があれば、あなたがどのレベルの営業マンであるかを、一目で理解することができる。数字で表現してしまうと、あなたの凄さが伝わるケースもあれば、一方であなたが大したことのない営業マンだと思われてしまうケースももちろんあるだろう。しかし数字の記載がなければ、大した実績がないから記載することができないのでは、と入り口から悪い印象でしか捉えてもらえなくなってしまう。仮にあなたの実績が客観的に見てそれほど高い水準になかったとしても、それは過去の実績であり、これからは違うということを情熱的にアピールすることだってきっとできるだろう。重要なのは、転職先の会社で素晴らしい実績を上げてくれることであり、過去の実績はあくまで参考にしかならないのである。同僚や上司など職場環境そのものが変われば、隠れていた能力を急に発揮し始める人もたくさんいる。一方で会社の大きな後ろ盾があったから実績を上げることができただけで、転職先では会社のバックサポートがなく、組織というよりも個人事業主の集まりのような環境であれば、何ら能力を発揮できないなどという人もたくさんいる。
 余談だが、あなたがまだ20歳台であれば、過去に大きな実績を上げているかどうかはそれほど問題ではなく、むしろ伸びしろがあるか、やる気、素直さなどの人間的な側面を採用側もより深く見てくることだろう。しかしあなたが30歳台、それも中盤の年齢に差しかかっているのであれば、それなりの実績は欲しいところである。その年齢に差し掛かってくると、企業側はあなたの「ノウハウ」が欲しい、即戦力となるそのノウハウをお金で買うという視点が入って来るので、当然ながら採用側の見方もよりシビアにはなって来る。40歳前後ともなれば、ほとんどの企業において役付で入社することになるため、プレイヤーとしての実績だけでなく、管理職としての経験も問われてくることになるだろう。また50歳前後ともなれば、役員候補として入社するケースも考えられるため、プレイヤーとしての実績は当然ながら管理職経験、幅広い知識、そして圧倒的なネットワークが求められて来る。更には前職とのつながりについてもしつこく聞かれることがあるだろう。例えば前職場が大手不動産会社で、そこの出身者を採用すれば芋づる式にそこの案件を取りに行けると採用側は期待するからである。歳を重ねるほどに採用側が求めるスペックは上がってくるのである。
 明確に、つまり数字でもって記載することは、採用側に判断の線引きをする機会を与えることになるので、不利益に働くこともあるかもしれないが、過去の数字だけで判断をしている訳ではない、ということも明確に伝えておきたい。採用側はあなたという人間が新しい職場で高いパフォーマンスを発揮できるか否かを判断しようとしているのであり、数字はあくまであなたというパーソナリティの一部分に過ぎないということを理解しておこう。つまり正直にすべてを説明した上で、あなたがその会社に決めた熱意を伝えることができるかが、最終的には鍵を握っているのである。

 > 裏で、100倍楽してる不動産営業マン続出!!

「数字」より重要なこと

 余談だが、あなたがまだ20歳台であれば、過去に大きな実績を上げているかどうかはそれほど問題ではなく、むしろ伸びしろがあるか、やる気、素直さなどの人間的な側面を採用側もより深く見てくることだろう。しかしあなたが30歳台、それも中盤の年齢に差しかかっているのであれば、それなりの実績は欲しいところである。その年齢に差し掛かってくると、企業側はあなたの「ノウハウ」が欲しい、即戦力となるそのノウハウをお金で買うという視点が入って来るので、当然ながら採用側の見方もよりシビアにはなって来る。40歳前後ともなれば、ほとんどの企業において役付で入社することになるため、プレイヤーとしての実績だけでなく、管理職としての経験も問われてくることになるだろう。また50歳前後ともなれば、役員候補として入社するケースも考えられるため、プレイヤーとしての実績は当然ながら管理職経験、幅広い知識、そして圧倒的なネットワークが求められて来る。更には前職とのつながりについてもしつこく聞かれることがあるだろう。例えば前職場が大手不動産会社で、そこの出身者を採用すれば芋づる式にそこの案件を取りに行けると採用側は期待するからである。歳を重ねるほどに採用側が求めるスペックは上がってくるのである。
 明確に、つまり数字でもって記載することは、採用側に判断の線引きをする機会を与えることになるので、不利益に働くこともあるかもしれないが、過去の数字だけで判断をしている訳ではない、ということも明確に伝えておきたい。採用側はあなたという人間が新しい職場で高いパフォーマンスを発揮できるか否かを判断しようとしているのであり、数字はあくまであなたというパーソナリティの一部分に過ぎないということを理解しておこう。つまり正直にすべてを説明した上で、あなたがその会社に自分の「未来」を託した意義や目的を熱意もって伝えることができるかが、最終的には鍵をとなって来るのである。

「固有名詞」で自分をさらけ出す

 では、面接に至る前の段階で落とされないよう、あなたの熱意を相手に伝えるためにできることは何があるだろうか。
 まずは職務経歴書にPRシートもプラスアルファで添付しておき、直近の会社もしくは現在在職中の会社における職務内容、取引実績を明瞭かつ具体的に記載し、文量もそれなりのものに仕上げておきたい。次に肝心なのが、あなたの不動産市場におけるネットワーク数であり、「人脈は資産」と捉えることができるので、どこの会社とつながりを持っているのかを具体的な社名を列挙しておくとあなたの実績がより信憑性を帯びて見えてくることだろう。採用する側の見方として、荒探し的な部分も当然あり、職務経歴書に記載されている実績は本当だろうか?と疑って見ているのが普通である。そこにカウンターパンチを与えるように、自分のネットワークを固有名詞を出して開示できるのであれば、そこまで言うなら本当だろうと相手は思うはずである。また具体的な社名を挙げることで、採用側の担当者と共通の知り合いがいるなどということも十分にあるはずである。そうなると相手もあなたに親近感を覚えるようになり、ライバルに一歩も二歩も差をつけつことができるだろう。もちろんあなたの実績が嘘でないことが大前提であり、もしあなたの取引先があなたについて悪く言ったりすることがないようにしておかなければならない。言うまでもないが、過去にトラブルがあった相手、あなたのことを良く思っていない相手がいるとすれば、少しでもその可能性があるのであれば、その会社名は記載しない方が得策である。

仕入れ・仲介未経験、業界未経験の場合は?

仕入れ、売買仲介未経験で、不動産会社に入って来る人は、どうすれば良いだろうか。
実は不動産会社から不動産会社へ転職する場合と、他業種から不動産会社という場合でどちらが有利かと言われると、実は前者後者で大きな差はないと筆者は考えている。ポイントは転職する方が転職先でどういうポジション(役職)とどれくらいの給料を求めるかによるだろう。未経験者でありながらいきなり高い給料を得ることは不可能であるが、未経験だから低い給与でも構わない、まずは見習いから始めさせて欲しいと熱意をもって訴えれば、採用側としては低い給与でよければ試しに雇ってみるかということになる。また年齢が30歳もしくはそれ以上だから、新たな職種に就くのは難しいのでは、という質問がたまにあるが、これも全く関係ないと言っていいだろう。年齢が仮に40歳だとしても経験がなければ、実績のある30歳の方が年収が高いケースが当然ありうる。もちろん他の業界ではあるが、これまで営業畑で長く活躍してきた実績があれば、それを武器にそれなりのポジションを得ることは十分可能である。給与は別で考えた上で、ポジションを間違えなければ、仕入れ・売買仲介未経験であっても不動産会社に転職をすることは出来ると断言する。

<具体例:職務経歴書>

20〇〇年〇〇月〇〇日現在

氏  名  不動産 太郎
住  所  〒○○○-○○○○ 東京都品川区○○ ○-○○-○○-210号
電話番号  携帯:090(****)****
E‐Mail    ○○○○@○○○○.com
生年月日  ○○○○年○○月○○日(○○歳)
最終学歴  ○○○大学○○部○○学科 ○○○○年○○月 卒業)




職務要約

 ○○○大学卒業後、○○○㈱に入社。主に都内の中古戸建の売買仲介業務に従事。平成○○年○○月、一身上の都合により退職。
 平成○○年○○月、㈱○○○に入社。主に事業用不動産の法人仲介業務に従事。現在、在職中。


○○○○株式会社  (現在在職中)
○○○○年○月~○○○○年○月(在籍期間○年○ヶ月)

<会社概要>
 ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
  
<職務内容>
  ・事業用不動産を主とする法人仲介業務
  ・グループ会社の案件の売却業務
  ・不動産による長期的な資産形成のための富裕層・法人向けのコンサルティング業務

<主要な実績・案件>
 別紙PRシート(現職での仕入れ・仲介などの実績)をご参照下さい。




○○○○株式会社 (自己都合により退職)      
○○○○年○月~○○○○年○月(在籍期間○年○ヶ月)

<会社概要>
 ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
 
<職務内容>
  ・不動産売買仲介(土地・戸建・区分マンション・アパートなど)
  ・物件調査、価格査定、書類作成に至るまでのすべての業務

<主要な実績・案件>
  ・1年目:達成売上額 約1,000万円 (中古戸建を中心とした売買仲介案件)
  ・2年目:達成売上額 約2,000万円 (中古戸建を中心とした売買仲介案件)
  ・3年目:達成売上額 約3,000万円 (中古戸建を中心とした売買仲介案件)

► ○○○○年○月 売買仲介事業部に配属
► ○○○○年○月 社内成績優秀者として表彰
► ○○○○年○月 売買仲介事業部/主任に昇格



取得資格

・普通自動車第一種運転免許資格  (20○○年○○月 取得)
・宅地建物取引主任者資格     (20○○年○○月 取得)
以上

不動産お役立ちコラム一覧へ

たった1分で登録完了!

今すぐ登録する
トップへ戻る